チャービルの育て方

  • 別名 セルフィーユ、ウイキョウゼリ
  • 科名 セリ科
  • 属名 シャク(アントリスクス)属
  • 性状 一年草
  • ジャンル ハーブ

チャービルの生育状況

チャービル栽培 チャービル栽培

淡路島のパルシェ香りの館で購入しました。チャービルは、直射日光に弱く、日陰で育てます。夏場は風通しのよい涼しい場所で、育てます。1年草ですが、数株だけ、花を残しておけば、こぼれた種から芽がでるそうです。料理には生のままで、料理の仕上げに使うと良いでしょう!

利用方法:料理、ハーブティー

効能・効用:発汗作用、消化促進、血行促進、血液浄化、利尿


  • Instagram
  • facebook sns
  • twitter SNS
  • はてなブックマーク SNS

PAGE TOP