ミニシクラメンの育て方

  • 和名 カガリビバナ
  • 科名 サクラソウ科
  • 属名 シクラメン属
  • 性状 多年草(球根性)
  • ふやし方 球根植え替え
  • 苗時期 10~12月
  • 開花時期 11~2月
  • 適地・土質 冬場は、日光を好みます。夏場は、日陰で休眠させます。シクラメン専用の培養土が、おすすめです
  • ジャンル

ミニシクラメンの生育状況

ミニシクラメン ミニシクラメン

冬場の寄せ植えで、よく利用する花です。毎年、その年のコンセプトにあった色を選んで、同系色でまとめています。花びらが上方に反りかえって咲く姿が篝火(かがりび)に似ているので、カガリビバナといいます。現在では、品種改良が進み、花の色は赤、ピンク、白、複色などあります。水やりは球根に直接、かけると病気のもととなりますので、バケツなど使って底から水を吸わせるのが一般的です。夏は、葉が落ちて、休眠期間に入ります。秋以後に生育し、冬場に開花します。花芽は葉腋にできるため、葉1枚につき、花芽が1つできます。
ちなみにわが家では、シクラメンは冬場にはかかせない花となっております

ミニシクラメンの生育履歴

ミニシクラメン

10月から冬場にかけての花で真っ赤なミニシクラメンをスマイル鉢に植えてみました

2012.10.7撮影
ミニシクラメン

もう一つ、ミニシクラメンを購入しました。スマイル鉢がよく似合います

2012.11.16撮影

  • Instagram
  • facebook sns
  • twitter SNS

PAGE TOP